連続ターン

 スキーはターンの連続です。前のプルークボーゲンができるようになったら、ターンの後半をスキーをそろえてターンしてみましょう。

シュテムターン

 方向を変える時、スキーをⅤ字に聞き出しプルークボーダンの要領で回り始めて、スキーの方向が変わったら山側(回転内側)のスキーを引き寄せ谷側のスキーと平行にします。この左右連続のターンがシュテムターンです。
  特に膝・足首の曲げ伸ばしを中心とした連続動作をまねることがポイントです。また、技術の習得にはデモンストレーションをよく見たり、平地でのイメージづくりが大切です。

斜面を登る 斜面を登る

戻る