直滑降に挑戦

 気持ちいい風を体に感じて滑ることができるだろうか。
  最初は、スピードも早く感じ、不安な気持ちになることと思いますが、思い切って試してみることが大切です。

直滑降

斜面を登るスキーが自然に止まることができるくらいのゆるい斜面で、スキーを平行(肩幅程度)に開いた状態を保ちながら、斜面の下方向(フォールライン)に向かって滑ってみましょう。
 両足にしっかりと乗る感覚で、膝や足首を適度に曲げ、前へ、前へという気持ちを持って滑ってみましょう。棒立ちスタイルやヘッピリ腰ではバランスがとりにくいですよ。

スピードコントロールはどうしよう?

斜面を登る「直滑降にも、ゆるいスピードにも少し慣れた。」「もう少し長い距離を滑りたいが、止まることができない。」「スピードも押さえたい。」・・・・。
  そこで身につけなくてはいけない技が「プルーク(両スキーをⅤ字にして膝・足首を軽く内側に曲げる)」の技術です。

プルーク

斜面を登る プルークの姿勢は、両足のカカトを押し出すような感じでスキーのテールを外側に押し開き、両手のストックは両脇前方で軽くひじを曲げた感じで構えます。 この姿勢は直滑降で滑るより、スキーが雪面の抵抗を多く受けてスピードをコントロールすることができます。  また、テールの開き具合を大きくしたり、小さくしたりしてスキーの内エッジの使い方を覚えましょう。

戻る 次へ