スキー用具

 スキー、ビィンディング(締具)、スキーブーツ、ストック(ポール)は滑るための道具です。安全で楽しいスキーをするためには、目的にあったスキー用具、自分に適した(長さ、重さ、扱い易さなど)用具を選ぶことが大切です。

スキー用具

スキー

 スキーを初めてする人(初心者)にとって、まず大切なことはスキーの長さです。選ぶとき、特に注意したいのは、スキーが長すぎないか、ということです。 スキーの基本操作、つまりスキーを回すためには短いスキーほど“楽”ということがポイントだからです。でも短すぎても今度は前後の安定度に影響するのです。体力や体重、運動能力にもよりますが、目安としては身長と同じ位の長さのものか、±5cm位の長さのものがベターでしょう。

スキーブーツ

 スキーブーツには、大きく分けて、フロントバックルタイプとリアエントリータイプの2種頸があります。  初心者が快適にスキーを習うためには、着脱も楽な、リアエントリータイプのスキーブーツが適していると思います。保温性が良く、適度な締め付け(ソフトなフィット感)と、サイズ、足首の硬さなどが選び方のポイントです。ブーツのサイズは、ゆる過ぎず、きつ過ぎず、フィット感が大切です。微妙な調整は靴下の厚さで調節します。特にフィット感はスキーの操作性にも影響します。

ビンディング

 ビィンディングはスキー本体にスキーブーツを装着させるための用具で、ビスで取り付けられています。転倒などによって足首などに無理な力が加わった時、安全機能が働いてスキーからブーツが外れる仕組みになっています。体重や技術レベルによってその解放値(スキーからブーツが安全のために外れる調整値)を調節することが必要です。

スキーウェア

 スキーウェア、手袋、靴下、帽子、ゴーグル(サングラス)などは、身体の保護となって快適にスキーを楽しむために必要な用具です。
  スキーは、全身運動のスポーツです。スキーウェアは小さ過ぎても、大き過ぎても身体の動きが損なわれて、上達の早さ、身体の柔軟性などに影響します。長過ぎたり、ブカブカのものは、リフトの搬器などにひっかかったりして危険です。また、ウェアは、寒い時に多少、厚着ができるように少しゆったりめのものを選ぶといいでしょう。
  着方で特にポイントとなることは、ズボンの裾のスパッツ部分をブーツの上にかぶせることで、雪が入いり易くなります。スパッツをブーツの中に入れてしまうとブーツ締まりが悪くなり、足首などの部分が痛くなったりすることがあります。上着のファスナーやボタンは、胸元までしっかり閉めましょう。

戻る 次へ